最終的に芸能界デビューも?芸能人の専属運転手

なぜ事務所は芸能人に専属運転手をつけるのか

専属運転手を雇っている芸能人は少なくありません。なぜ芸能人は専属運転手を雇うのかということにはいくつかの理由が挙げられますが、代表的なものとして、事故の当事者にならないようにするという事務所の配慮が挙げられるでしょう。忙しくて疲れている芸能人が運転するよりも、専属運転手がドライブする方が事故を起こす確率は低いといえますし、もし、事故が起きてしまった場合でも、専属運転手が起こしてしまったということであれば芸能人に責任がのしかかることはありません。

芸能人の専属運転手の選び方

では、芸能人の専属運転手はどのように決められているのでしょうか。これは主に二つの方法があります。まず、求人誌などを使って公に募集する方法、そして、芸能人が所属している事務所の人間から選ぶという方法です。前者の場合、芸能人がお笑い芸人だと、その人の弟子になりたい人が応募してくることがよくあります。実際、芸人の専属運転手から始まって、最終的に芸人になったという人は珍しくありません。後者の場合は、事務所の社員に限らず、新人のタレントや俳優が務めることがあります。

求められるのは運転技量だけではなく若さと体力

芸能人の専属運転手を公募して応募者多数だった場合、事務所はどのようにして一人に絞るのでしょうか。もちろん、運転技量は求められますが、特別なライセンスでも持っていない限り、履歴書を見て判別することは不可能です。なので、基本的には若さ、そして体力を重視して選ぶことになります。なぜ若さと体力を選択ポイントにするのかというと、売れっ子の芸能人であれば、あちこちに移動しないといけない、早朝、深夜の移動も当たり前など、運転する側も体力が必要になってくるからです。

専属運転手は、企業など組織の要人の車を運転することを仕事とするため、守秘義務が課せられることが多いです。

最終的に芸能界デビューも?芸能人の専属運転手