保育士になるには?知っておきたい資格取得の方法

どうやって保育士を目指せば良いの?

「子ども好きな性格を仕事に生かしたい。」「昔から保育園の先生に憧れていた。」など、様々な理由から女性を中心に人気の職業である保育士。職業柄日々の業務に体力が必要ということもあり、近年は男性保育士増加の傾向も見られるなど、そのニーズは日々拡大しています。そして、保育士として働くにあたり必要となるのが国家資格である保育士資格の取得。それでは、具体的にどうやって保育士資格を取得すれば良いのか、今回はその方法をご紹介します。

保育士養成施設に通学する

保育士資格を取得する方法は主に2つあります。まず1つ目の方法として、厚生労働省が指定する保育士養成施設に通いながら所定の過程を修了するという方法が挙げられます。4年制大学・短期大学・専門学校のいずれかに通い、定められた過程・科目を履修し単位を取得することによって、卒業と同時に保育士資格を得ることができます。保育士試験を受ける必要がなく、きちんと卒業すれば最短2年で資格を得ることができるという理由から選択する方が多い方法です。

保育士試験に合格する

2つ目の方法は、各都道府県で開催されている保育士試験に合格すること。試験は筆記・実技の2つに分かれており、その両方に合格することで保育士資格を得ることができます。養成校に通学するのが難しい方や、社会人になってから保育士を目指し始めた方などにはおすすめの方法と言えます。しかし、保育士試験を受けるためにも様々な条件が定められているためしっかりと確認することが重要です。今回ご紹介した2つの方法から、自分の生活スタイルなどに合った方法を選択し保育士資格取得を目指しましょう。

保育士の求人を大阪で選ぶコツとして、友人や知人に職場を紹介してもらうことや、転職サイトなどの非公開求人に申し込むことが有効です。

保育士になるには?知っておきたい資格取得の方法