保育士のお仕事とはどんなもの

保育士の毎日は忙しいのか

今女性男性問わず人気の職業の一つとして挙げられている「保育士」。小さな子供と毎日楽しく遊ぶ素敵な職業です。ですが、実際にはもちろん遊んでいるだけではなくさまざまなお仕事を抱えています。保育士の毎日はいったいどのようなスケジュールなのでしょうか。まず、保育園はお仕事をしている保護者のための児童を預かる場です。早い園で6時ごろから預かりを行っています。もちろん夕方も遅くまで開園しています。その中で保育士はシフトによって遅番、早番と分かれて働いています。

保育士のお仕事はつらいのか

保育士のお仕事は、子どもたちを預かりながらさらに行事の準備、日々のノートへの記入、個人データーの管理など行うことは多くあります。もちろんそれだけではありません。体調面や、精神面、変わった様子にいち早く気づいて挙げれるよう常に子供たち一人ひとりに視線を向けておくことも重要な保育士のお仕事です。保護者のかたの大切なお子様を預かっている、という面ではとても慎重な、かつ失敗の許されない職種といえるでしょう。

保育士の毎日の素晴らしい発見

それでも、日々の生活の中で子供たちの成長を身近で体感できる保育士のお仕事は、とても素晴らしいものです。行事を一つ終えるごとに、子供たちの中で自信が芽生えてきたり、出来ないことがだんだんと得意なことになっていったりと子供たちの成長に驚かされてばかりの日々となるでしょう。もちろんたいへんなことも日々ありますが、周りの先生と協力しあうことで軽減されていきます。憧れの職業である保育士、ぜひ目指してみてはいかがでしょうか。

保育士の求人はたくさんあります。保育所が増えて、人手不足だからです。どこも正社員の募集が多くみられます。

保育士のお仕事とはどんなもの