介護の仕事がしたいというかたに、介護士になるには

高齢化社会で、介護の仕事には需要がある

日本は、長寿の国。少子高齢化が進んでいます。

さらに、団塊の世代が定年を迎えるような年齢になってきました。

定年の年齢を迎える頃になったという事が、イコール介助を要する状態であるというわけではありませんが、介助を要する状態になる可能性が高くなります。

このような事を要因として、介護士の需要は高くなっています。

介助を受ける側の需要が高くなっているのが現状なのにもかかわらず、少子化でもあり、福祉の仕事に携わる人が足りないという深刻な状況です。

それでも、介護士になるにはどうすれば良いかとしらべ、仕事をするようになる方もいます。

介護士になるには必要な資格

介護士の資格は、国家資格でいうと、介護福祉士があります。

そのほか、初任者研修を受講すれば、初任者研修受講者であるという事で、履歴書に記載する事ができます。

高齢者や身体障害者を介助するには、どうしても資格がなければならない、というわけではありません。

看護師は名称独占、業務独占ですが、介護福祉士は国家資格ではありますが、名称独占で、業務独占ではないからです。

看護師は、その資格がなければ医療行為をする事はできません。介護福祉士はその資格がなくても業務をする事ができます。

介護の仕事は魅力ある仕事

さかんに高齢化社会になったということ、介助を受ける側の需要は高いこと、一方で介助する側、従事する側は人手が足りないことはメディアで訴えています。

離職した人の次の就職先として紹介されるということも多く、しかし、すぐまたやめてしまう、ということも全国的に見られていることです。

しかし、人と接する仕事は難しいこともあるけれど、魅力も大きく、介護士になるには、その人のやる気次第です。

なぜなら、国家資格がなくても仕事できるからです。

介護の求人は、全国的にも人材が不足していることから、神奈川県で介護の求人を横浜で探すと多く見つかります。

介護の仕事がしたいというかたに、介護士になるには